コーチングとは?

コーチング

コーチングとは?

「 コーチング 」

ご存じの方も初めて聞いたという方もいらっしゃると思います。

コーチングはコーチになる人だけが学ぶスキルではありません。

セルフコーチングと言って、自分自身の日常生活にも仕事の面でも

大変効果的で、人生を変えるスキルと言っても過言ではありません。

シリーズでお伝えしていくのでお楽しみに♪

まずは コーチング」とは何か?ご覧ください。。。

EIKOからのプラスな情報☆.。.:*


コーチングには いくつもの幅広い分野がある

まだ「コーチング」という言葉に馴染みの少ない10数年前までは

コーチングを受ける人というのは、事業主や会社の幹部に行う「ビジネスコーチング

コーチング

スポーツ選手のパフォーマンスをアップするための

「メンタルコーチング」これらが主流となっていたように思います。


しだいに個人向けのコーチングも浸透してきて、あらゆる分野のコーチングが行われ

細分化されています。コーチによって得意分野や今までのビジネススキルを

活かしたコーチングを専門としたり、広い範囲のクライアントを持つコーチもいます。


最近は、ブランディング化が進み 専門分野を強調したキャッチフレーズや

肩書を謳っているコーチングが殆どのように見受けられます。



ビジネスコーチングやスポーツ選手向けのコーチングは、更に増え

他にもたくさんあります。マーケティングのコーチ、ダイエットコーチ、

子どもの受験に向けたコーチや整骨院・癒し系サロンのような小さな事業主に

特化したコーチもいたりします。



また、一般の人たちのモチベーションアップや悩み解決などを導くコーチもいます。

部屋の整理整頓ができない、子育てをうまくしたい 等々。。。

同じテーマで数回のコーチングでもよし、毎回異なるテーマでもよし。



定期的にコーチングを受けていると、確かに何倍もパフォーマンスがUPします。

ただし・・・コーチの当たりはずれがあるので、自分に合ったコーチを

選ぶことが重要です。(コーチの変更は可能)


コーチング体験談

実は、もう10年ちょっと前に 私も娘もコーチングを1~2年受けていました。

私は自分の勉強も兼て(どんなコーチでも必ずその上のコーチを持ちます)

当時 人とのコミュニケーションが苦手で消極的だった娘にも、コーチをつけてみました。


私が紹介された最初のコーチは、ただあいづちを打つだけで私が言葉を

発しないと、10秒も20秒も...長い時は1分近くも何も言わない「間」があるのです。


相手を考えさせるのに必要な「間」というのも、スキルのひとつなのですが

どう考えても、私に与えられた「間」は「間違い」で(笑)、的外れでした。

勉強も兼て...ということで、別のコーチも試してみました。

コーチング

当時 知的障害のかたの施設にお勤めだったMコーチは、

自由な発想でユニークでした。

電話で行うのですが、結構身体を使って考える笑いも交えた

コーチングで、自分の10年後を考える時などは

「今いる所から2m以上離れてみてください」(ん?)


部屋の中で自分の位置を移動して、未来の地点から今の自分(現地点)を見るのです。

これは頭で考えるより効果的で、多くの気づきがありました^^*

今も思い出して、時々セルフコーチングやダウンさんへのアドバイスに使ってます。


一方・・・人見知りで心配だった娘は?というと 大当たり!でした。

当時30代の男性Yコーチで、初対面でも貝のように心を閉ざしてしまう子が

会ったことも無い人となぜ話をするのかと、えらい緊張をして拒否気味でした。


・・・が、初回を終わって意外にも嫌がることも無く、回を重ねていくうちに

見事に娘の行動や考え方が一変しました。。。

若いから柔軟でしょ...の反対で、対人に関しては本当に難しい子だったのです。


当時 動物関連の専門学校を卒業後、ペットショップで働いていたのですが

知らない間に、東京じゅうのペットショップをすべて視察したり

メーカーに交渉して動物関連の商品を扱うネットショップまでオープンさせたのです。

コーチに感謝

丁寧で迅速な対応に信用もされ、固定客も増えていきました。

コーチが付く前と後とでは、別人です!

コーチ力はもちろん人間性も高い心の温かい

素晴らしいコーチとの出会いでした。


Yコーチは 目標より何年も早く独立されて、プロスポーツ選手のコーチを

中心に活躍されています。どの世界でも同様ですが「コーチ」によって

どれだけ自分が進化するか、引き出されるか まったく違ってきます。

コーチング解説

コーチング(coaching)とは、人材開発の技法の1つ。「コーチ」(COACH)とは馬車を意味し、馬車が人を目的地に運ぶところから、転じて「コーチングを受ける人(クライアント)を目標達成に導く人」を指すようになった。

スポーツ選手の指導のほか、交流分析や神経言語プログラミング(NLP)などの手法を取り入れてビジネスや個人の目標達成の援助にも応用されている。

コーチングを一言で言うと「人を育てるための方法」である。
育てるということについてはさまざまな解釈が可能。

スポーツであれば技能が向上する、プログラミングであればそのスキルが向上する、ビジネスであれば営業や専門職などである。

また、精神面での成長も「育つ」というように考えることができる。学習により人間は成長し育つが、学習しても身につかないことは多くの人が体験していることだろう。

コーチングでは、モチベーションを重視し、人が自ら学習し育つような環境を作り出し、個人をのばし、自ら問題を解決していけるようになることを目的としている。スポーツ界での活用が注目されている。


■種類

コーチングには大きく分けて「メンタルコーチング」と「スキルコーチング」がある。

「メンタルコーチング」ではコーチングを受ける側の情報の整理を手伝い、異なった視点からみるチャンスを与えるなどして、気づきを待つ。

そのため特定分野に対するスキルが無くても、コーチングを行うことが可能になる。

「スキルコーチング」は、たとえばスポーツのコーチのように、コーチングする側がその分野に対しての知識とスキルを持ち、それをベースにして個人のスキルの向上を目指すことができる。

目的がはっきりしていること、より適切な課題を設定できることから、メンタルコーチングのみの場合と比べて大きな効果を期待できる。

スキルコーチングであっても、メンタルコーチングの要素を欠かすことはできず、メンタルコーチングの上により効果的な「学ばせる」スキルが加わったものだと考えなければならない。


■目的

コーチングでは画一的な人間を作ることは目指さない。コーチングされる側の個人の能力を可能な限り引き出し、それにより個人の問題解決をはかったり、スキルの向上を実現することを目的とする。

統一的なやり方を押しつけることはしない。これが一般的な「教育」との一番大きな違いである。

あくまで、個人を尊重し、個人の考える力を育てることが目的である。
スポーツの世界では個人を育てるのがよいのは理解しやすい。

会社の構成単位は最終的には個人であることから、個人の能力をいかに発揮させるかが、現代の企業の課題となっている。


コーチング技術

市販の書籍などには「傾聴」から始まってさまざまな質問の仕方などが載っているが、教科書に書いてあるままの質問を投げ続けるだけではコーチングにはなりえない。

経験と心理学に関する素養などに基づいて、適切な分析と判断を行った上での質問でなければ、本来の効果は期待できない。

また、スキルコーチングで多用される「課題」も本来めざしているスキルを育てるためのものでなければならず、難しすぎても簡単すぎても意味はない。

これらの「コーチングスキル」をベースとして、認めること、共感などの心理的なテクニックを用いながら、コミュニケーションをとり、モチベーションを高め、能力を伸ばし、スキルを身につけさせていくのがコーチングの技術となる。


■観察

すべての人間に個性があり、理解が早い人も遅い人もいる。個人の能力をそれぞれ伸ばすためには、同じ課題を与えても結果は異なることを前提とし、個人に対する観察、把握、分析が必須である。


■適切な課題

スキルコーチングの場合には、これさえできれば、コーチングができたも同然である。
観察に基づき、問題点や身につけさせたいスキルを抽出し、現状のスキルを判断し、難しすぎず簡単すぎない課題を考えて、実施する。

適切な課題をこなすことで人間は必ず成長していく、というのがスキルコーチングの考え方になる。


■コミュニケーション

表情や動作などの非言語によるコミュニケーションを含め、コーチングを行う上での基本。 自分の主張だけをしたり、あらかじめ用意されたテキストや質問を読み上げるだけでは、コーチングにはならない。


■考える力

コーチングを受ける側に、考えて自ら問題を解決する力をつけさせるのが、コーチングの最終的なゴールとなることを忘れてはならない。


コーチングの長所

他の学習方法、練習方法と比べて、コーチングの手法を取り入れた場合には、個人の能力をより大きくのばせる。

コーチングされる側が成長したいというモチベーションを強く持つことにより、コーチングをする側の期待を上回る成長を見せることもまれではない。

個人を大きく効率的にのばしたいときには、コーチングが最適である。

また、コーチングは「学ぶ」ということに対しての普遍的な原理に基づいているため、幼稚園の子供から学生、新入社員、管理職、役員まで幅広く適用ができ、内容も個人の行動、組織の管理から技術の習得まで対応が可能である。

自分で自分にもコーチグが出来て、メンタルや生活をより良く維持できる。
セルフコーチング


コーチングの適用

これらの点からコーチングを取り入れると効果のあると思われる分野は以下のようになる。

  • 個人の問題の解決
  • 家庭
  • 子供、大人のスポーツの現場
  • 子供、大人の学習の現場(学校を含む)
  • 新人教育、管理職研修などの企業研修
  • 各種技術研修
  • グループ内の管理(企業の部署など)
  • 自分自身(セルフコーチング

それぞれの分野でのコーチングについての書籍も多く存在しており、実際に導入しているところも増えている。


■カウンセリングとの違い

カウンセリングとコーチングの間に手法の違いはそれほど大きくはない。しかし、カウンセリングは癒しまたは治療が目的であり、クライアントの目標達成を手助けするコーチングとは性質が異なる。

精神面の治療が必要と判断した場合、コーチングを引き受けないコーチやコーチング会社がある。

コーチングは安定した精神状態をプラスマイナスゼロと考えた場合、プラスの状態の時に機能する。

例えば、大きなストレスを抱え続けていたり、家族を失ったりするなどの大きなダメージがあり、感情のコントロールが困難な状態(マイナスの状態)の時にはコーチングは適さない。

精神面の治療が必要な場合にコーチングを引き受ける事は、むしろ無責任な行為に当たる場合もある。


■コンサルティングとの違い

コーチングではあくまでも個人が自ら成長し、その中で問題解決やスキルの向上を図ることが主眼となる。

コーチングをする側では解決策を押しつけることはしないし、してはいけない。
だが、コンサルティングでは解決策を考えることがコンサルタントの役割であり、その点ではコーチングとは全く異なるものとなる。

だが、コンサルタントが提示した解決策を実施に移す段階で「押しつけられた」という感じを持たれると、実施そのものがうまくいかないことも多くなる。

実施段階ではコーチングをふまえた方法を採用することで、コンサルティングの実効を高めることが可能である。


■資格

コーチの資格には、多くの民間資格が存在するが、例えば、国際コーチング連盟が認定する「プロフェッショナル認定コーチ」とその上級の「マスター認定コーチ」があり、日本では生涯学習開発財団が認定する「認定コーチ」、その上級の「認定プロフェッショナルコーチ」、最上級の「認定マスターコーチ」などがある。




すべては目覚めた人からうまくいく✨*:.。.






・・・・・・・本当のインターネットワークビジネス・・・・・・・

あなたは どんな選択をしながら どんな人生にしたいですか?

確実性のある『不労所得システム』を作るために

勧誘しないインターネットワークビジネスの

究極のノウハウをお伝えしています。


幸せになろうよ

具体的な一歩を踏み出す方法とは・・・

人生を変える!

ご希望のかたは、以下からお申込みいただくと、動画&DL版資料と

フォローメールで 私が展開しているネットワークビジネスをご案内いたします。


コチラから ☆ここをクリック☆
幸せに成功! 

チェック☆ フォローメールは、資料請求より2週間に限定しています。

チェック☆ それ以上のしつこいご案内は一切しませんのでご安心下さい。

チェック☆ ここで入力いただいた個人情報は、資料送付の目的の範囲内で利用致します

チェック☆ 個人情報を資料送付の目的以外で利用することはありません。


このホームページは特定のネットワークビジネスを推奨するものではありません。

今後このネットワークビジネスが、21世紀型の健全なビジネスとして

広く普及して、正しい地位を確立して欲しい!という思いで作っています。





☆・・・関連記事・・・☆





a:3038 t:3 y:1






powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional